インフルエンザが流行り始めましたね・・・・・予防対策心がけましょう。

シェアする

美と健康の創造館・まるかんのお店 まるとみ薬品店主の飯塚芳秀です。このところ、昨年より早く全国的にインフルエンザ流行の兆しが出てきましたね。皆さん、外出先から帰ったら、うがいと手洗いの習慣、身に付けましょう。特に小さいお子様の居るご家庭の皆さんご注意ください。
○ インフルエンザ一問一答 みんなで知って、みんなで注意!(動画)
https://youtu.be/nPb2uXcSngw
では勿論予防するためにはワクチンを打つことも大切なことですが、
そのほかににも漢方を利用したり、免疫力を高めるサプリメントの活用も
大いに役立ちます。
当店でお薦めするものを幾つかご紹介させていただきます。
漢方薬の処方では、現代人に合わせた処方となっている
「ホノミ漢方 ホノピレチン」
インフルエンザ予防漢方薬としても使えます。
http://www.zaiseido.co.jp/mimiyori/1068
今朝もTVで放映されていましたが、
インフルエンザに漢方では、麻黄湯が効くと言われておりました。
また、あるヨーグルトを飲ませた地域のインフルエンザ発症率が
抑えられていることも取り上げられておりました。
ホノピレチンのご用命はこちらをどうぞ
http://tukayosi7.xsrv.jp/?p=1125
漢方はやはりオーダーメードで無ければならないと考えます。
麻黄湯は、胃に負担が掛かりストレスを抱える現代人には
全ての方に使うことは無理があると思います。
身体に優しい漢方薬ということで、
風邪の初期の段階からホノミ漢方を利用してもらうと
かなりの改善が見られると思います。
その時に順天堂大学医学部で研究され商品化されたオリジナル乳酸菌
を一緒に服用していただくと、身体の免疫力が高まり
インフルエンザウィルスを撃退することができます。

芳さんの 超=腸 お勧め!生体機能活性複合物質「健調楽(けんちょらく)」
「腸内革命をおこして」 「腸脳力者になって」 「健康になりましょう。」  芳さんの超お薦めは・・・乳酸菌・酵母菌・酢酸...
N21商品の健調楽(けんちょうらく)のご用命はこちらから・・
http://tukayosi7.xsrv.jp/?p=249
また、野田食菌さんが開発したLEMと言う椎茸菌糸体培養培地抽出物も抗ウイルス作用のある材料で一緒に利用していただくと期待できます。LEMに関してはこちらをご覧ください。
芳さん超お勧め・・免疫療法の材料になるLEM(Lentinus Edodes Medium)シイタケ菌糸体培養培地抽出物
皆さん免疫療法の材料になるLEMって聞いたことがありますか? LEM(Lentinus Edodes Medium)シイタケ菌...
その他にも、笹のエキスを利用した物も抗ウィルス作用が
存在し日頃の健康管理に役立ちます。
芳さん超お薦め・・・クマ笹の自然薬「ササヘルス」第3類医薬品
第3類医薬品 ササヘルス(クマ笹100%商品の中で唯一医薬品です) 効能・効果: 疲労回復、食欲不振、口臭・体臭の除去、口内炎 ...
是非、お悩みの際は当店にご相談ください。
お問い合わせ
商品問い合わせメール 商品に関するお問い合わせはこちらにご記入の上送信ください。 下記の必要事項を入力の上「送信」ボタンをクリックしてく...
インフルエンザに関しては
下記の厚生労働省からのお知らせを見てくださいね。
厚生労働省からのお知らせ
◆インフルエンザが流行シーズン入りしました。
今年もインフルエンザが流行シーズンに入ったと考えられます。
流行入りを機に、手洗い、咳エチケット、予防接種といった
インフルエンザの予防対策の徹底を、あらためてお願いいたします。
今冬のインフルエンザ総合対策
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html
インフルエンザQ&A
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
「咳エチケット」の普及啓発

他の人への感染拡大の防止のため、
「咳エチケット」をキーワードとした普及啓発活動を行い、
マスクの着用や人混みにおいて咳をする際の注意点について呼びかけることとします。
○咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
マスクをもっていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。
○鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
○咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。
※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。
N95マスク等の、より密閉性の高いマスクは適していません。
※一方、マスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではありません。
※マスクの装着は、説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

シェアする

フォローする