美と健康の創造館 まるとみ薬品 ぐんまの薬屋 芳さんのブログ

安心・安全・自然をテーマに身体に良いものを提案しております。

子供の身長に関する相談やってます。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

伸びる季節 春から啓発してゆきたいですね。子供の身長相談やってます。

今回は子供の成長をサポートするためのまるとみ薬品の製品についてご紹介させていただきます。

先日、来店されたお子さんが「頭の良くなるお薬をください!」と言っていました。母親が「そんなお薬あるわけないよ」と一蹴りしてしまったのですが、私のお店には、シーアルパという強い武器があります。デンマークで行われた研究によると魚油を多く含む魚を4か月間食べると認知能力スコアが改善したという結果が出ています。詳しくはこちらを見てね

シーアルパオメガ3つぶつぶなら 1か月分で¥6264。塾の月謝と比べたらリーズナブルなのではないでしょうか?新学期のスタートとともに、学力を上げたい、受験生になるというお子様にはシーアルパシリーズお勧めします。

思春期(11~18歳)には体の成長に伴い、多くの栄養素が必要となり、成人よりも2~3割ほど多く摂らなければなりません。つまり、小学校高学年になると、お母さんと同じ量の食事では足りていない可能性があるのです。食事とともに、コンクレバンやバイランCaⅡでしっかりとレバカル鉄を補ってゆくことが大切になります。詳しくはこちらを https://kusurinomarutomi.com/archives/1630.html

特にスポーツをしている子供は必要な栄養素が不足しがちと言われています。(2021年日本安全食料料理協会の調査結果より)管理栄養士が不足しがちと考える栄養素は「タンパク質」「ビタミン」「カルシウム」の順に多かったそうです。また、サッカー日本代表の長友選手は「もっと早く食という武器に出逢いたかった。20代で食の大切さを理解していたらバケモンノなれていた」とお話されていて毎日青魚の摂取を心掛けているそうです。

当店でお勧めしている レバカル鉄+シーアルパの組み合わせがブラボーですね。気になる方はこちらを  https://kusurinomarutomi.com/archives/1613.html

また、女児の初潮の年齢は10~15歳と言われています。生理が始まると鉄の摂取量よりも消費量が多くなり、鉄欠乏症貧血を起こしやすくなります。ここでも血液の元となるコンクレバンやバイラン」CaⅡが必須となります。初潮が来る前に十分な量の血液を準備しておきたものですね。お勧めします。飲む点滴と言われる当店自慢のアミノ酸製剤コンクレバン 詳しくはこちらを https://kusurinomarutomi.com/archives/1613.html

但し、バイランCaⅡは、15歳未満の服用は出来ませんのでその代わりにマクロファイジーを活性化して再利用を促進するというルミンAをお勧めいたします。

http://www.kenso-seiyaku.co.jp/products/%e9%8c%a0%e5%89%a4%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%b3a/

大人も子供も食べたもので身体が作られます。これが大原則なのです。

子供の身長に関するご相談はこちらからどうぞ・・・

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

down

コメントする




最新ニュース

投稿カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

4/jW58KTsLOiiEJ9jZv98z-NdE0a0njw6q_HQ3Yu7zgEo